beauty woman has sexy lips

身体の中からしみ対策

girl yellow shirt

しみの治療には時に内服薬を用いることもあります。薬を飲んでしみが消えるということをイメージしづらい方もいるかもしれませんが、内服薬は皮膚科でも処方されており、確かな効果が認められています。
しみの治療に使う内服薬で最も広く使われているのがトランサミンという薬です。トランサミンは本来は止血薬などの役割が強く、実際に病院でも使用されています。
トランサミンは止血の方で有名なので、しみの治療に効果があるのか不安に感じる方も多いのですが、実際はかなり効率的にしみの治療を行っています。
しみの原因の1つにプラスミンという情報伝達物質があります。女性ホルモンの乱れによってプラスミンが増えると、メラトニンの生成が活発になるのです。
トランサミンにはこのプラスミンを抑制する働きがありますので、しみの原因を確実に減らしてくれます。長期の服用になる可能性はありますが、確実に効果が出る薬だといえます。

他にはLシステインという薬もしみ治療に有効だと言われています。
Lシステインは有名なしみの市販薬にも含まれており、シミのもとになるメラニンの生成を抑えつつ、肌のターンオーバー(再生効果)を促すことで沈着したメラニンの色素を薄くし、排泄してくれます。
ターンオーバーによって肌のハリも戻りますし、しみ以外にもニキビなどの肌トラブルを解消してくれますので、しみ治療には最適だといえます。
ただ、Lシステインにも白髪が増えやすいという副作用があります。髪の毛の黒い色もメラニンによるものなので、Lシステインでメラニンを抑えた場合は色素の薄い白髪が急に増えることがあるようです。
体質によって合うものと合わないものがありますので、Lシステインを服用する際は髪の毛にも注意を払いましょう。