beauty woman has sexy lips

強力な塗り薬

girl glasses

しみ治療の方法はたくさんありますが、最も抵抗なく始めることができるのが、薬による治療でしょう。
しみに効果的な薬はさまざまなものがありますので、内服薬と外用薬を両方とも抑えておきましょう。
まずは皮膚に塗布することでしみを治療する外用薬です。しみの患部に塗るだけなので、使い方は非常にシンプルです。
しみ治療に昔から使われているのは、ハイドロキノンという塗り薬です。ハイドロキノンは別名「肌の漂白剤」とも呼ばれており、しみのある患部に塗ることでメラニンの生成を抑え、メラニンを予防する効果もあります。
しみに効果があると言われているものにはビタミンCやプラセンタがありますが、ハイドロキノンはその10倍~100倍近い漂白効果があります。
かなり効果的な薬ではありますが、ハイドロキノンには注意するべき点もあります。
まず効果が高いだけあって、ハイドロキノンはすごく強い薬です。あまりの強さに肌が炎症を起こす可能性があるのです。
薬が合うかどうかは個人差がありますので、様子を見ながら使用し、炎症が起こるようならば使用を諦めましょう。

ハイドロキノンはあまりの漂白効果によって白斑という思わぬ弊害をもたらすことがあります。
ハイドロキノンはメラニンを出す細胞の働きを抑制することで非常に高い漂白効果を発揮するのですが、長期間メラニンが作られなかった場合は、そこだけ色が抜け落ちたように白くなってしまいます。
これが白斑と呼ばれるもので、元々に地肌の色が濃い方はしみよりも目立つことになってしまいます。
しみの治療にハイドロキノンを使う際は、治療の経過を見守りつつ行う必要があります。効果は高いので試してみる価値はあるかもしれませんね。